フェアハンドランタン用に消防法適用の燃料ボトルを買ってみた!

燃料ボトル
YAZAWA 燃料ボトル(700ml)
LINEで送る
Pocket

 

燃料ボトルを購入した経緯

先だって購入したフェアハンドランタンは、私が過去に使っていたホワイトガソリン加圧式の物や、現在使っているCB缶のランタンとは違い、燃料タンクが完全密閉されていません。当然、倒したり寝かせたりすれば燃料である灯油が溢れ出す可能性があるので、運搬時には燃料は専用の密閉容器に移して運ぶのが好ましいと思います。

ネットなどでは缶入りの灯油も売られていますが、ガソリンスタンドの量り売りと比べるとかなり割高になってしまいますし、灯油代わりのパラフィンオイルも1Lで1,200円を超える価格となってしまい、缶入り灯油同様に割安感はありません。

そこで、1Lで80~90円程度の量り売り灯油をガソリンスタンドで購入し、安全に移動保管出来る手段として密閉式の金属製燃料ボトルを購入することにしました。

灯油ランタンの記事は、「フェアハンドランタンBaby Special 276の魅力とメンテナンス!」をご覧ください。

 

フェアハンド Baby Special 276 にピッタリな燃料ボトルは?

私が購入した「フェアハンドランタンBaby Special 276」は、満タンで340mlの灯油しか入らないランタンです。一般的なポリタンクの10Lや20Lではランタンに対して大き過ぎます。

そこで、色々とネットで物色してみました。

キャンプ用の物はもちろん、オートバイ用のものまで…

キャンプ用の専用品(外国製)でも、消防法の関係からか、ガソリンスタンドで給油して貰えなかった等のレビューも見受けられました。

折角購入しても、ガソリンスタンドで給油を拒否されるのは悲しいですよね。

なので、今回は下記5つの条件を設定して探しました。

  • ランタンへ満タン2回分以上の容量
  • 日本国内の消防法に適合していること
  • ランタンへの給油時に便利なノズル付
  • ボトルの給油口が、ガソリンスタンドの給油ノズルより大きいこと
  • 出来るならステンレス製

ここで問題発生。以外にも、日本国内の消防法に適合していることが書かれていない物が多い。

いいなぁ~と思っても、これじゃ買えないです。

3時間ぐらい色々と迷って、最終的に購入に至ったのが「YAZAWA ガソリンボトル 700ml」。

しかし、安価なネットショップは売り切ればかりでしたが、やっと見つけて購入しました。

 

YAZAWA ガソリンボトル 700ml が届いた!

今回は、某店からの購入でしたが注文の翌日には届きました。

早速、検品してみます。

内容物は…

  • 外箱
  • 燃料ボトル(一式)
  • 取扱説明書
  • 収納袋(黒い布製)

 

容量も、丁度よい大きさの700mlサイズ!

そして、ラベルには、消防法適合品と書かれています。

この赤ラベルの上側まで燃料を入れて良いそうです。

ガソリン専用となっていますが、灯油はパッキン等への攻撃性がガソリンより低いので大丈夫でしょう。

 

YAZAWA ガソリンボトル の使い方

燃料ボトルからランタンへの給油は、上部キャップの上側だけを外します。

白いプラスチック製のノズルが逆さまに挿入されていますので、一旦取り出します。

 

取り外したノズルを逆向きにして、ねじ込みます。

 

ノズルが付いた状態。ノズルの方向が自在に曲がったら100点でしたが、残念ながら曲がりません!

この状態でランタンに給油しますが、全くこぼれませんでした。

 

ガソリンスタンドの給油ノズルも十分に入る大口は、上部キャップの下側を回して外します。

 

この、開口部は約35mm程度あります。

 

収納袋に入れると、なんだか水筒っぽく見えます。

というか、誰も燃料ボトルだとは思わないと思います。

 

因みに、フェアハンドランタンBaby Special 276 と比べると、丁度同じ位の高さになります。

この燃料ボトル1本に灯油を給油しても、700mlなので費用は60円程度。フェアハンドランタンBaby Special 276は、満タンで340ml・20時間使えるそうですから、その2回分。つまり40時間以上使える事になりますね。

燃料ボトルと、フェアハンドランタンBaby Special 276を両方購入し、燃料代を含めても6,000円しない位ですから、非常用としても十分に使えると思います。

各地の地震発生率も見直され、多くの地域で発生率が上昇した現在、これは闇夜の強い見方となるかもしれません。検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 

補足事項

私が購入した時点でのコストパフォーマンスは700mlが一番でしたが、この燃料ボトルには他に500mlモデルと900mlモデルがあります。900mlモデルは少し太くなりますが、500mlモデルは700mlモデルと同じ太さで高さのみ違うようです。

【各モデルの外寸】

  • 900mlモデル : 太さ80mm/高さ275mm
  • 700mlモデル : 太さ73mm/高さ260mm
  • 500mlモデル : 太さ73mm/高さ200mm

ご参考までに。

 

 

 
スポンサードリンク
 
 
※ 当サイトの許可なく記事・写真等一切のコピーや転載を禁止させていただきます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA